2010年06月07日

「努力報われる社会に」樽床氏が記者会見(読売新聞)

 樽床伸二・衆院環境委員長(50)は3日夕、民主党本部で記者会見を開き、「鳩山首相、小沢幹事長の辞任を乗り越えて、次なる再生へ向けて全力を挙げなければならない。一つのキーワードは世代交代。世界は新しい時代に向けて世代交代しており、その流れを作り出していきたい」と述べ、4日の民主党代表選への立候補を正式表明した。

 樽床氏は「職人の家庭に生まれ、普通の家で育った。祖父が失明して、父は大変苦労して私を育ててくれた。二人の姿を見てきたので、努力が報われる社会にしていかなければならない」と強調。「代表に就任したあかつきに、まず着手するのは衆院議員の定数80減。『先ず隗より始めよ』だ」と抱負を語った。

 樽床氏は衆院大阪12区選出で当選5回。松下政経塾出身で、日本新党、新進党などを経て民主党入りした。

参院選民主予定者「逆風は覚悟している」(読売新聞)
喫煙注意された客が車掌と押し問答、電車運休(読売新聞)
<ママ鉄>ママは鉄道に夢中 子どもと見学急増(毎日新聞)
民主選対委員長に安住氏内定(時事通信)
<ポルシェパレード2010>全国から愛好家が集まり「聖地」を走行(毎日新聞)
posted by オオオカ タダヨシ at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。