2010年03月08日

<愛子さま>強い不安感などで学校休む 同学年に乱暴な子(毎日新聞)

 宮内庁の野村一成・東宮大夫は5日、皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)が1日から学習院初等科を休んでいると発表した。愛子さまは現在2年生。野村東宮大夫によると、同学年に乱暴な男児が複数おり、愛子さまは強い不安感と腹痛などを訴えているという。

 愛子さまは1日は学校を休み、2日は通学したが早退し、その後休んでいる。野村東宮大夫は乱暴の具体的な内容は述べなかったが、愛子さまにけがはないという。宮内庁と学習院初等科は協議し、学習院では対応策を講じているという。【真鍋光之】

<動画投稿>入居女性のトイレ撮影 三重のグループホーム(毎日新聞)
有料化で犬猫引き取り半減、安易な手放しに歯止め(読売新聞)
刑務官4人、2審も有罪判決…名古屋刑務所暴行(読売新聞)
<詐欺容疑>国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山(毎日新聞)
「悲しさと悔しさ、消えない」=少年2人逮捕に重傷男性ら−石巻3人殺傷(時事通信)
posted by オオオカ タダヨシ at 05:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

公認会計士の深刻就職難 合格者700人あぶれる(J-CASTニュース)

 弁護士とともに高収入で安定している「資格」の代表格といわれた公認会計士が就職難に陥っている。国家試験合格者の急増と、監査法人や企業の採用抑制が響いている。

 公認会計士になるには、試験合格後も一定の研修を受ける必要があるほか、2年間の実務経験が課せられている。合格者は監査法人や公認会計士事務所か、一定規模の企業の経理担当者として勤める必要があって、超難関といわれる国家試験を突破しても、正式な資格が得られないという事態に直面しているのだ。

■「この2、3年で合格者が急増したことが原因」

 2009年度の合格者数は2229人。日本公認会計士協会によると、2010年1月末時点で就職先がない合格者は700人弱いるという。

 毎年秋に国家試験が行われ、大手監査法人の定期採用は12〜1月になる。09年度の定期採用は終わったばかりで、トーマツは前年に比べて171人減の383人を採用した。新日本監査法人は226人で、「09年より減っていますし、例年と比べても多いほうではありません」と話す。

 一方、公認会計士試験の合格者数は、06年に試験制度が簡略化されたことで1000人台から3000〜4000人に増えた。景気がよければ、監査法人や一般企業の経理部門で吸収できるが、リーマン・ショックの後遺症で、どの企業も採用は縮小している。ふつうの学生でも就職するのが難しい時代に、「経理部門に限定して、優先して採用してくれる企業などほとんどない」(日本公認会計士協会)のが実情だ。

 「とにかく、この2、3年で合格者が急増したことが(就職難の)原因。会計士の仕事は経験を積むことが大事なのでなんとかしたいが、なかなかむずかしい」と話している。

■協会HPに求人情報 大阪では就職説明会

 深刻な事態に、日本公認会計士協会は09年からホームページに「求人情報」を掲載した。準大手や中小の監査法人や会計士事務所、一般企業の経理部門から寄せられる情報なので、採用人数も1〜5人程度と多くはないが、一人でも多く就職できるよう支援する。同協会は、「かなりの関心をもって、アクセスしてもらっています」という。

 また、監査法人や企業に参加を呼びかけ、就職説明会を開催。国家試験の合格者に情報提供を行うなどの対策を講じている。公認会計士協会近畿会はすでに、1月に就職説明会を実施した。

 さらに間接的な支援として、合格者が受ける研修にかかる学費の無利子融資や、実務経験を補うための特別講習会の開催などに取り組み始めたところだ。

 公認会計士を所管する金融庁は、すでに2010年度の合格者数を2000人程度に抑えることを表明しており、増員方針から舵を切る。同時に、6月にも新たな公認会計士制度のあり方について、考え方をまとめる方向だ。


■関連記事
35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生 : 2010/01/20
就職説明会に親「同伴」 「二人三脚」のイマドキ就活事情 : 2009/03/14
弁護士にも格差社会到来 将来、失業の大量発生は必至! : 2007/08/31
「和の心」宿るハーゲンダッツ  : 2010/02/18
長崎知事選にみる 怖くない民主恫喝力 : 2010/02/22

週内にもヒアリング開始=300〜400の公益法人−行政刷新相(時事通信)
イカナゴ漁が解禁 播磨灘に春の訪れ(産経新聞)
「伊丹空港廃止」をめぐり5決議案 府議会会派、足並みバラバラ(産経新聞)
沖縄知事「県内移設反対も」県議会で初言及(読売新聞)
<福岡県町村会汚職>「被害者は私だ」贈賄罪で起訴の山本・添田町長が会見 居直りに怒りと困惑(毎日新聞)
posted by オオオカ タダヨシ at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

太陽電池用素材で5億円脱税=会長ら3人逮捕−甲府地検(時事通信)

 太陽光発電用のシリコン素材製造・販売会社「オプト」(山梨県都留市)が売り上げの一部を除外し、法人税約5億円を免れたとして、甲府地検は26日、法人税法違反(脱税)容疑で、同県笛吹市八代町南、同社会長田原貞良容疑者(67)ら3人を逮捕した。
 逮捕容疑によると、田原容疑者らは2004年9月〜07年8月、オプトの売り上げの一部を除外したり、架空の材料費を計上したりするなどの方法で、所得のうち計約17億円を隠し、法人税計約5億1200万円を免れた疑い。
 同地検によると、田原容疑者のほかに逮捕されたのは、山梨県南アルプス市吉田の無職村松正彦(69)、同県西桂町小沼のオプト経理担当社員、渡辺しのぶ(51)の両容疑者。3人とも容疑を否認しているという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
所得税から議論着手へ=税調専門家委が初会合
新たに会社役員逮捕=弁護士脱税事件
中部電と飯田市、共同でメガソーラー発電所建設へ
「借りたカネ」の著者追起訴=不動産会社に脱税指南

シティ日本支店元幹部、海外居住装い脱税(読売新聞)
タイに潜伏の組員逮捕 神奈川・平塚の抗争、殺人容疑で国際手配(産経新聞)
みなと異人館
せと赤津パーキングエリア
公益団体の議員兼職で二重基準 小沢氏は例外?(産経新聞)
posted by オオオカ タダヨシ at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。