2010年02月05日

被告側、責任能力争う姿勢=耳かき店女性ら殺害−東京地裁(時事通信)

 東京都港区西新橋で昨年8月、耳かき店従業員江尻美保さん=当時(21)=と祖母の鈴木芳江さん=同(78)=を刺殺したとして、殺人罪などに問われた元会社員林貢二被告(41)の第1回公判前整理手続きが29日、東京地裁(山口雅高裁判長)であり、弁護側は被告の刑事責任能力について争う方針を示した。事件は裁判員裁判で審理される。
 東京地検は起訴前に簡易鑑定を実施し、責任能力に問題はないと判断していた。弁護側は、医師の意見書などから、林被告は事件当時、心神喪失または耗弱状態にあったと主張。再鑑定を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
3歳虐待死、父親に懲役6年=裁判員「親なのでショック」
2人死亡事故で懲役14年=危険運転致死、初の裁判員裁判
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年
女性死亡で押尾容疑者追起訴=保護責任者遺棄致死

首相動静(1月26日)(時事通信)
政治資金規正法、連座制導入へ改正を…総務副大臣(読売新聞)
再現される事件当時の進行経路… 消されたモニターを見つめる加藤被告(産経新聞)
子ども手当は満額支給、官房長官が強調(読売新聞)
外装会社に脅迫文 恨み?事業所周辺で不審火(産経新聞)
posted by オオオカ タダヨシ at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

双子のヤギ 和歌山公園動物園ですくすく(産経新聞)

 和歌山市の和歌山公園動物園で昨年3月に生まれた双子のヤギ(いずれもメス)。名前はまだない。初めての冬を迎え、ふっくらと太った。寒さの中、ふさふさの白い毛に守られ仲良く檻(おり)の中を歩き回る。横長の瞳で見物客をじっと見つめるあどけない表情がかわいい、と人気だ。

 お客さんに、そんな2頭とのふれあいを楽しんでもらいたいと、同園では飼育員らが密かに“ヤギのお散歩”の練習に取り組む。見物客のいない時間に、おそろいの赤い首輪をつけ、檻の外に出してみるのだが、姉妹は目新しい外の世界におどおど、びくびく。練習を始めて半年になるが、いまだに他の動物の姿を見るたびに飛び上がってフンを漏らしてしまう。

 飼育員は「慣れるまでかなり時間がかかりそう。気長に見守りたい」。

【関連記事】
カバ「ナツコ」死ぬ 天王寺動物園
北海道の4動物園、ホッキョクグマ“レンタル移籍”
展示工夫、ライオン誕生で…日立かみね動物園の動員好調
野毛山動物園にレッサーパンダが仲間入り
脱走した「北限サル」無事に捕獲

代表質問参院でもスタート 首相、小沢氏の国会招致「小沢氏が判断」(産経新聞)
京都市の鴨川で変死体 大阪・枚方市の30歳男性か(産経新聞)
皮膚から神経細胞作製=iPS経ず、遺伝子導入で直接変換−マウスで成功・米大学(時事通信)
<党首討論>17日開催で与野党合意 初の鳩山首相対自・公(毎日新聞)
<普天間移設>中旬にグアム基地視察へ 政府・与党検討委(毎日新聞)
posted by オオオカ タダヨシ at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。